それから


表門を抜けると

地元の方が、親切に説明してくれました。この石畳は、江戸時代のままだと。

そして、この石垣は、上の方から年代が古いと。

そして、カップルで来ると良いとされる、ハート形の石。これも当時 江戸時代からあるものだそうです。

そしてついに。

念願の。。

会津若松城!!

地元では、鶴ヶ城と呼ばれてるそうです。

城内 最上階からの景色。

鶴ヶ城は、会津戦争時に約1カ月に及ぶ篭城戦を耐え抜いた事により、奥州一の名城として、天下に知らしめたそうですが、

明治七に、取り壊しになりました。

1日に約2500発の弾丸が打ち込まれたそうです。

その後 昭和40年に再建されて今の姿になったそうです。

ここが戦場だったんだと。普通に歩いてる事が、時代の流れを感じさせます。ですが、変わらないものもあると、敬意と、歴史を感じながら、しばらく城内で時間を過ごしました。